体外診断用医薬品

製品情報

ルミパルス プレスト® whole PTH「SBBIO」 CLEIAを原理とする血中副甲状腺ホルモン測定試薬

PTH(parathyroid hormone:副甲状腺ホルモン)は、副甲状腺から分泌され、血中カルシウム濃度を上昇させるように働くホルモンです。84個のアミノ酸からなる分子量約9,500のホルモンで、アミノ基がついている側をN末端、カルボキシル基がついている側をC末端といい、生理作用はN末端側に存在するとされています。


PTHは、大部分が84個のアミノ酸からなるインタクトPTHとして副甲状腺から分泌されますが、一部はN末端あるいはC末端などを含むPTHフラグメントの形で分泌されています。一方、末梢血においては、副甲状腺からの分泌に加えてインタクトPTHが肝臓や腎臓で代謝されるために、生物活性を持たない中間部およびC端フラグメントなど多様なフラグメントが存在しています。


ルミパルス プレスト® whole PTH「SBBIO」は、生物学的活性を持つ1-84PTHのみを特異的に測定する試薬です。従来のintact PTH測定系では抗体のアミノ酸認識部位がN末端側の1-34領域と広範囲であったのに対し、Whole PTH測定系ではN末端の端を特異的に認識する抗体を用いているため、真に生理活性のある1-84PTHのみを測定することが可能となっています。


アッセイ系

ページトップへ