体外診断用医薬品

製品情報

クイックビュー Dipstick Strep A 検査方法

キットを15℃以下で保管していた場合は、15~30℃に戻してから使用して下さい。
サンプルを取り扱う際には,手袋を着用して下さい。
試験管内で抽出試薬Aと混合する前に抽出試薬Bが緑色である場合は使用しないで下さい。

図
検査する直前に,抽出試薬A3滴と抽出試薬B3滴を試験管に滴下し混合します。
(溶液が緑色に変化します。)
患者から採取した拭い液検体を試験管の中に挿入し、拭い棒の頭部を混合液中で数回(5回以上)回転させます。その後、拭い棒の頭部を混合液中に浸けたままで、1分間放置します。
拭い棒の頭部を試験管の内側に擦りつけるようにして溶液を絞り落とします。その後、チューブの上から拭い棒の頭部を指で強くはさんで溶液を絞りながら、拭い棒を試験から取り出します。
ディップスティックをホイル袋から取り出し、矢印の方向が下向きになるようにして試験管の中に挿入します。その後は、検査が終了して目視判定ができる状態になるまで、ディップスティックを触ったり動かしたりしないで下さい。

5分後に結果を目視判定します。
ページトップへ