体外診断用医薬品

製品情報

クイックビュー Dipstick Strep A 検体採取方法

検体採取には必ずキット添付の拭い棒を使用して下さい。
図 患者の口を大きく開け,舌圧子で舌を押さえながらキット付属の拭い棒を口腔から咽頭にしっかり挿入し,口蓋扁桃や咽頭後壁等の発赤や膿苔を呈している患部に拭い棒の先を強く押し付けて,数回こするようにして粘膜表皮を採取します。(拭い棒を出し入れするときに,歯,歯茎,舌,頬の内側等に触れないように注意して下さい。)

採取した拭い棒は,清潔で乾燥したチューブ内に入れた状態では,室温(15~30℃)又は冷蔵(2~8)℃で72時間保存可能です。
ページトップへ