体外診断用医薬品

製品情報

QuickVue ラピッドSP influ 反応原理

反応原理図〈イムノクロマト法〉
反応試薬中の成分により検体から抽出されたA型又はB型インフルエンザウイルス抗原は、毛細管現象によりテストストリップ内へ浸潤し、テストストリップ下部に塗布された着色粒子結合抗A型抗体あるいは着色粒子結合抗B型抗体と抗原-抗体複合体を形成します。この複合体は、さらにテストストリップ上部へ移動し、次にそれぞれ異なる位置に固定化されたもう一方の抗A型抗体あるいは抗B型抗体と結合します。それによって、A型B型それぞれの位置の判定ライン上に着色粒子が凝集されて赤色のラインが目視で確認できるようになります。また、テストストリップ下部に含まれる着色粒子結合コントロール蛋白も抗原とともに上部へ移動し、コントロールライン上で捕捉されて、青色のラインを形成します。この青いラインは検体溶液が正しく移動したかどうかの指標となります。


図
ページトップへ