体外診断用医薬品

製品情報

リパーゼキットS 操作法

操作法
  検体用(A) 盲検用(B)
発色液 1mL 1mL
検体 50μL 50μL
エステラーゼ阻害液 20μL 20μL
  インキュベーション 30±1℃、5分間
基質液 100μL -
  インキュベーション 30±1℃、30分間(遮光)
反応停止液 2mL 2mL
基質液 - 100μL
測定 412nmにおける吸光度を測定する

リパーゼ活性値の計算
検体50μLを使用し、上記操作で検体(A)と盲検(B)の吸光度差が0.001を示した場合を、1BALB単位と定義します。BALB単位に0.147を乗ずることにより、国際単位IU/L(遊離SH基μmol/分/L血清、30℃)に換算することができます。

ページトップへ