体外診断用医薬品

製品情報

ラピッドエスピー®≪クラミジア≫ 検査方法

拭い液検体の抽出方法
  1. サンプルカップに抽出用緩衝液Aを6滴滴下
  2. 検体を採取した綿棒を挿入、攪拌し、綿棒を挿入したまま15 ~ 30℃で2分間静置

  1. 綿棒を挿入したまま、抽出用緩衝液Bを6滴滴下
  2. 10秒程度攪拌後、綿棒を検体溶液を搾り落としながら抜き取る

  1. サンプルカップにキャップを取り付け、テストカセットの検体滴下部に検体溶液をゆっくり3滴滴下し、10分間静置後に結果を判定

  1. 初尿10mLを2,500×g、15分遠心分離し、沈殿を捨てないように上澄みのみを捨てる。

  1. 遠心管に抽出用緩衝液Aを6滴滴下、ミキサー等で攪拌後、15~30℃で2分間静置

  1. 抽出用緩衝液Bを6滴滴下、ミキサー等で攪拌
  2. スポイトで検体溶液全量をサンプルカップに移しかえる。

  1. サンプルカップにキャップを取り付け、テストカセットの検体滴下部に検体溶液をゆっくり3滴滴下し、10分間静置後に結果を判定

ページトップへ