体外診断用医薬品

製品情報

ラピッドエスピー®≪淋菌≫ 検体採取方法

本品で検査できる検体は、女性生殖器からの検体であり、男性生殖器及び咽頭からの検体は使用できません。


1.検体採取方法

  • (1)腟鏡を用いながら、クリーニング用滅菌綿棒(ケースなし)を使って外子宮口周辺の膿や過剰粘液を取り除きます。(クリーニング用滅菌綿棒は検査に使用せずに廃棄します。)
  • (2)検体採取用滅菌綿棒(ケース付き)をケースから取り出し、外子宮口から子宮頸管部へ1.0~1.5cm程度まで挿入した状態で、約10~30秒間綿棒を回転させて擦過物検体を採取します。
  • (3)腟内の粘膜に接触しないように注意しながら綿棒を引き抜きます。
  • (4)検体採取場所から測定場所まで検体を移送する場合には、検体の飛散防止のため綿棒をケースに戻してから移送して下さい。


2.検体採取上の注意

  • (1)キットに添付の綿棒を必ず使用して下さい。
  • (2)綿棒の使用は1回限りです。再使用できません。
  • (3)綿棒は滅菌済みですので、個々の包装に破れや汚染の疑いがある場合は使用しないで下さい。また、包装を開封した後は、速やかに使用して下さい。
  • (4)綿棒の軸部分を折り曲げたり、極度に弯曲させたりすると折損する可能性がありますので、行わないで下さい。
  • (5)採取した検体の粘性が高い場合には、反応溶液の移動速度が遅くなり、所定の時間で判定できなくなる場合がありますので注意して下さい。
  • (6)膿や粘液のような分泌液は検体として適切ではありません。膿や粘液が過剰に混入すると、正しい結果が得られない可能性がありますので注意してください。
  • (7)血液(綿棒あたり50μL以上)が混入した検体を検査に使用した場合、感度が低下したり、偽陽性反応の結果となる可能性がありますので、使用は避けて下さい。
  • (8)輸送培地中に懸濁された検体は、本品の検査に使用できません。


3.検体の保存

採取した検体は直ちに検査することが望ましいですが、ケースに戻した状態であれば、室温(15~30℃)で24時間、冷蔵(2~8℃)で1週間あるいは-20℃で6ヵ月保存可能です。 15℃以下で保存した場合は、試験前に15~30℃に戻してから使用して下さい。


4.検体取扱い上の注意

検体の採取、取扱い、保存ならびに廃棄においては、バイオハザード防止上の十分な注意を払って下さい。

ページトップへ