体外診断用医薬品

製品情報

Sofia アナライザー用 Strep A+ FIA 反応原理

本品はイムノクロマトグラフィー法を用いて、咽頭ぬぐい液検体中のA群β溶血連鎖球菌抗原を定性的に検出するものです。抽出試薬中で、咽頭ぬぐい液検体からA群多糖体抗原を抽出します。この検体液120μLをテストカセットの検体滴下部に滴下すると、毛細管現象によってテストカセット内のテストストリップ上を移動します。移動中に、検体中の抗原は蛍光標識された抗A群β溶血連鎖球菌ウサギポリクローナル抗体と結合し、抗原-抗体複合物を形成します。この複合物は更に移動して、テストライン上に固相化された抗A群β溶血連鎖球菌ウサギポリクローナル抗体に捕捉され、アナライザーにより蛍光シグナルが検出されます。一方、検体中に抗原が存在しない場合は、複合物が形成されずテストライン上の蛍光シグナルは検出されません。また、コントロールラインには抗ウサギ免疫グロブリンヤギポリクローナル抗体が固相化されており、抗原と結合しない蛍光標識抗体を捕捉して、アッセイの成立を確認します。
ページトップへ