体外診断用医薬品

製品情報

Sofia アナライザー用 Strep A+ FIA 検体採取方法

1.検体の採取方法
キットに添付されている拭い棒を用いて、咽頭ぬぐい液検体を採取します。舌圧子またはスプーンで舌を押し下げながらキット付属の拭い棒を口腔から咽頭にしっかり挿入し、口蓋扁桃や咽頭後壁等の発赤や膿苔を呈している患部に拭い棒の先を強く押しつけて数回こするようにして検体を採取します。


2.検体採取上の注意
(1)必ずキットに添付の拭い棒を使用して下さい。
(2)拭い棒の軸部分を折り曲げたり、極度に弯曲させたりすると折損する可能性がありますので、行わないで下さい。
(3)拭い棒を出し入れするときに、歯、歯茎、舌、頬の内側等に触れないように注意して下さい。


3.検体の保存
咽頭ぬぐい液検体は採取後直ちに検査することが望ましいですが、乾燥した清潔なプラスチックチューブに入れて室温(23℃)で24時間まで、冷蔵(2~8℃)で48時間まで判定結果に影響しませんでした。


4.検体取扱上の注意
検体の採取、取扱い、保存ならびに廃棄においては、バイオハザード防止上の十分な注意を払って下さい。
ページトップへ