体外診断用医薬品

製品情報

一般医療機器 移動式免疫蛍光分析装置 特定保守管理医療機器 トリアージテストメーター 判定原理

蛍光免疫測定法を測定原理とし、全血または血漿中の目的物質を測定します。


  1. テストデバイスのサンプル窓に添加された検体が全血の場合は、分離フィルターにより血球と血漿に分けられます
  2. 血漿中の抗原は、蛍光標識抗体と反応し、複合体を形成します
  3. 一定時間反応槽内で反応した後、この複合体は検出領域に移動し、検出領域に固相化された抗体と結合します
    (過剰の蛍光標識抗体は検出領域の先へとさらに移動します)
  4. 検出領域に励起光を照射したとき生じる蛍光量を、検量線(キット付属のコードチップを用いて事前にインストール)にあてはめて、試料中の目的物質の濃度を算出します
トリアージテストメーター 判定原理
ページトップへ